[メリットとデメリット]自分で取得する場合

車庫証明を自分で取得するメリットは何といっても、その分の費用を節約することができるという点にあります。
車庫証明を取得する費用はディーラーに任せると、それだけで1-3万円程度の費用が発生することになるので、費用の負担が大きなものとなってしまいますが自ら取得をすればこの費用を節約することが出来るので、金銭的に大分得をすることができるという点にあります。

一方でデメリットにはどのようなものがあるのかというと、これは何といっても手間がかかるというものであり平日に2回警察署に行かなければならなくなってしまうので、平日休みを取ることが出来ないという人の場合この方法を用いることができなくなってしまいます。
また、手続き自体は難しいものではありませんが書類に不備などがあったりすると車庫証明を取得することが出来ないので、その都度何度も家と警察署を行ったり着たりしなければならず手間がかかってしまうことになります。
そのため、何万円と費用がかかる場合には別ですが1万円程度の費用であった場合には完全にディーラーに任せてしまったほうが手間もかからずに楽ということもあるので、費用と手間を秤に掛けてどちらがお得かを考慮する必要があります。

コメントは受け付けていません。