[メリットとデメリット]行政書士に依頼する場合

車庫証明というのは、自動車保管場所法とよばれる法律にもとづいて、自動車の保管場所を警察に証明してもらうための手続きのことをいいます。
この手続きは、はじめて新車を購入して車庫が必要になったときのほか、住所や所有者に変更があったときにも必要となるものです。個人として手続きができないわけではありませんが、通常は自動車の販売店がサービスで済ませてくれることが多いため、あまり問題になることはありません。
ところが、引っ越しや駐車場の契約を変更したなどの理由によって、自動車の購入後にこの車庫証明の手続きをしなければならないといった場合もあります。このような場合、本人に代わって書類の作成などをしてくれる行政書士に依頼するという方法があります。
個人で行う場合、駐車場の見取り図などを間違いのないように作成するとともに、警察署で申請書の様式を入手し、実際に申請をして、さらに証明書とステッカーを受け取るという面倒がありますが、すべて依頼すればこうした手間が省けるというメリットがあります。
いっぽう、デメリットとしては、時間さえあれば個人でもできる手続きであるにもかかわらず、依頼した以上は所定の報酬を支払う必要があることが挙げられます。

コメントは受け付けていません。