軽自動車の場合注意したいこと

税金が安く、機敏に動ける日本独自の車両の軽自動車は根強い人気があります。
日本の車に対する税金は、多重にかけられていることで有名で世界的にも高い水準となっています。
車両のみならず、ガソリン代にも税金が二重にかけられており、車を所有する者にとって大きな負担になっています。
そこで、軽は支持率が高いのです。
車両にかけられている税金は、普通車の半額以下ですし、車の重さが軽いことで燃費も良くガソリン代が抑えられます。
車体が小さいため、機敏に動くので日本のように小さく細い道や路地が点在している地域では、頼もしい存在です。
しかし、軽は普通車と同じ感覚で運転すると危険な場合があります。
しっかりと軽が持つ独自性と注意点を理解しておくことが必要です。
まず、機敏に動くという点でメリットになる小型の車両がデメリットになることがあります。
それは、強風の場合です。
車両が小型ということは、車幅が狭いということなので、強い風が吹くと風に流されやすかったり横転してしまう注意点があります。
さらに、タイヤが細いことで摩擦抵抗が少なく、ブレーキをかけてからの制動距離が長いという注意点もあります。
便利な軽だからこそ、理解して使用しましょう。

コメントは受け付けていません。