必要書類「自動車保管場所証明申請書」

新しく車を購入したり、乗り換えを行なうときなどは、車両を購入する資金だけでなく、各行政や公安に提出するための書類を容易する必要があります。
これらの書類に不備があったりすると、車が手元に来るまでに時間がかかってしまうことになるため、しっかりと事前に準備しておくことが大切です。
その中でも、車を日常的に保管する場所を確保している証明となる、自動車保管場所証明申請書は、自分で記入する以外に、土地の持ち主にも記入や押印をしてもらう必要があるため、時間にゆとりを持って作成しておくことが大切です。
自分の持ち家に車庫や駐車場がある場合には、それほど手間もかかりませんが、賃貸で駐車場を利用する際には、不動産屋などに依頼して書類に記入をしてもらう必要があります。
また、この申請書は、駐車場所の見取り図を手書きで記入する必要もあり、それぞれの道路の幅や駐車スペースの大きさなども正確に記入しなければなりません。
自分で記入し、申請するのが一般的ですが、書類を作成する時間が無かったり、不動産屋に行く余裕が無い時には車を購入する業者に代行を依頼する方法もあります。
もちろん代行の費用がかかるので、予算とよく相談して作成方法を選択することが大切です。

コメントは受け付けていません。