必要書類「所在図」「配置図」

保管場所の所在図と配置図について
所在図は、自宅と保管場所の位置関係や距離を示すものです。昔は、手書きで記入していましたが、インターネットが普及している昨今、自宅と保管場所が離れている場合の手っ取り早い方法として、公の地図をコピーして所在図の帳票に貼付するか、所在図の帳票に別紙参照としてコピーを添えれば完了です。徒歩の最短ルートも明記されていますし、自宅からの距離も明記されていますから大変便利です。難解な手書きの書類よりも公の地図公正さや明確さが重宝します。
配置図については、大きな駐車場の場合は、その全体図を示すと共に、目的の位置を明確にするものです。所有者が所持している書類をコピーして貰います。
警察署は、これらの書類をもとに現地調査に訪れます。該当の車両が止められるかどうかを確認しに来ます。そこまでの道が通行不可能だったり、その車両の寸法が駐車可能かどうかも確認されます。自宅の駐車場の場合、道路にはみだしたり高さが不足している駐車場では許可はおりません。その場合は駐車場を広げるなり手段を講じなければなりません。また、一つの保管場所を重複して申請することは出来ません。前に登録していた車両が売却等の処分がされているか、別の保管場所を確保している事が条件です。

コメントは受け付けていません。