必要書類「保管場所使用権疎明書面」

自動車を所有する際には、必ず必要とされている書類がいくつか用意されており、その中には、いわゆる車庫証明書と呼ばれているものが存在しています。車庫証明に関しては自動車を正常な状態で保管することを目的にしており、路上駐車などを行うことなく、法律に遵守した形式で保管させる必要があります。車庫証明の取得に関しては、一般的には自動車ディーラーなどで書類を用意していることが基本とされていますが、記入に関しては購入者自らが行う項目も用意されていることによって、必要事項を記載することが求められています。車庫証明には大きく分けると2種類のものが用意されており、1つは土地の所有者用として利用される保管場所使用権疎明書面というものがあります。もう1つは保管場所使用承諾証明書になり、家族などが所有する際や、賃貸住宅などに居住されている方が申請するための用紙になります。基本的にはどちらも住所氏名の他に、捺印を必要としているものになりますが、同じように保管場所の図面などを記載することも求められています。具体的には駐車場として利用する土地の幅や高さ、奥行きなどを計測し、しっかりと自動車が駐車できるかどうかを記載することになります。

コメントは受け付けていません。