‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

必要書類「保管場所使用承諾証明書」

2015/05/19

自動車を所有する上では、必ず使用しないときなどに駐車しておくスペースが必要となります。自宅を所有している人で空いている土地を持っている方はその土地に駐車をすれば良いですが、現実には他人所有の土地を借りて駐車することが多いです。

仮に自分の所有している土地を駐車場とする場合は、車庫証明を取得する上では自認書に記載すれば良いです。一方では車庫証明を取得する上では、必要となる書類の一つに「保管場所使用承諾証明書」があります。

これは、自分の所有している土地以外の場所を車庫として申請する場合に必要となるものです。例えば、月極めの駐車場を借りている場合や親・親戚などが所有している土地を駐車場として借りている場合などです。

月極めの駐車場を借りている場合には、その管理会社や大家さんに証明書に記載してもらう必要があり、親や親戚などが所有している場合も同じです。管理会社や大家さんによっては記載してくれないケースもありますが、そういったケースにおいては契約書などを取り交わしているので、そのコピーで代用することも可能です。

なお車庫証明を取得するための必要書類を手に入れるためには、最寄の警察署の専用の窓口に行き車庫証明の必要な書類を請求すれば、書類一式をもらうことが出来ます。

必要書類「保管場所使用権疎明書面」

2015/05/19

自動車を所有する際には、必ず必要とされている書類がいくつか用意されており、その中には、いわゆる車庫証明書と呼ばれているものが存在しています。車庫証明に関しては自動車を正常な状態で保管することを目的にしており、路上駐車などを行うことなく、法律に遵守した形式で保管させる必要があります。車庫証明の取得に関しては、一般的には自動車ディーラーなどで書類を用意していることが基本とされていますが、記入に関しては購入者自らが行う項目も用意されていることによって、必要事項を記載することが求められています。車庫証明には大きく分けると2種類のものが用意されており、1つは土地の所有者用として利用される保管場所使用権疎明書面というものがあります。もう1つは保管場所使用承諾証明書になり、家族などが所有する際や、賃貸住宅などに居住されている方が申請するための用紙になります。基本的にはどちらも住所氏名の他に、捺印を必要としているものになりますが、同じように保管場所の図面などを記載することも求められています。具体的には駐車場として利用する土地の幅や高さ、奥行きなどを計測し、しっかりと自動車が駐車できるかどうかを記載することになります。

必要書類「所在図」「配置図」

2015/05/19

保管場所の所在図と配置図について
所在図は、自宅と保管場所の位置関係や距離を示すものです。昔は、手書きで記入していましたが、インターネットが普及している昨今、自宅と保管場所が離れている場合の手っ取り早い方法として、公の地図をコピーして所在図の帳票に貼付するか、所在図の帳票に別紙参照としてコピーを添えれば完了です。徒歩の最短ルートも明記されていますし、自宅からの距離も明記されていますから大変便利です。難解な手書きの書類よりも公の地図公正さや明確さが重宝します。
配置図については、大きな駐車場の場合は、その全体図を示すと共に、目的の位置を明確にするものです。所有者が所持している書類をコピーして貰います。
警察署は、これらの書類をもとに現地調査に訪れます。該当の車両が止められるかどうかを確認しに来ます。そこまでの道が通行不可能だったり、その車両の寸法が駐車可能かどうかも確認されます。自宅の駐車場の場合、道路にはみだしたり高さが不足している駐車場では許可はおりません。その場合は駐車場を広げるなり手段を講じなければなりません。また、一つの保管場所を重複して申請することは出来ません。前に登録していた車両が売却等の処分がされているか、別の保管場所を確保している事が条件です。

必要書類「自動車保管場所証明申請書」

2015/05/19

新しく車を購入したり、乗り換えを行なうときなどは、車両を購入する資金だけでなく、各行政や公安に提出するための書類を容易する必要があります。
これらの書類に不備があったりすると、車が手元に来るまでに時間がかかってしまうことになるため、しっかりと事前に準備しておくことが大切です。
その中でも、車を日常的に保管する場所を確保している証明となる、自動車保管場所証明申請書は、自分で記入する以外に、土地の持ち主にも記入や押印をしてもらう必要があるため、時間にゆとりを持って作成しておくことが大切です。
自分の持ち家に車庫や駐車場がある場合には、それほど手間もかかりませんが、賃貸で駐車場を利用する際には、不動産屋などに依頼して書類に記入をしてもらう必要があります。
また、この申請書は、駐車場所の見取り図を手書きで記入する必要もあり、それぞれの道路の幅や駐車スペースの大きさなども正確に記入しなければなりません。
自分で記入し、申請するのが一般的ですが、書類を作成する時間が無かったり、不動産屋に行く余裕が無い時には車を購入する業者に代行を依頼する方法もあります。
もちろん代行の費用がかかるので、予算とよく相談して作成方法を選択することが大切です。

取得までの流れ

2015/05/19

車庫証明は、保管場所法とよばれている法律にもとづいて、道路を車庫がわりに使用することなく、適切な保管場所が確保されていることを警察に証明してもらうための手続きです。
証明の取得にあたっての簡単な流れとしては、まずは申請書の様式を警察署の窓口で入手する必要があります。一般には複写式のものとなっていますが、インターネット上の各都道府県警察のウェブサイトにも掲示されている場合があり、そこからダウンロードして使用する場合には、複写式と同じ枚数分を印刷することが必要です。
次に、申請書への記入ですが、ここには自動車のナンバープレートの番号のほかにも、自動車の型式、車台番号などを記入する欄がありますので、車検証を見ながら間違いのないようにする必要があります。添付書類として保管場所の所在図・配置図がありますので、実際に車庫として使用する場所の寸法などを測っておく必要があるほか、アパートの駐車場など他人の所有地を車庫として使う場合には、その所有者の承諾書もとっておく必要があります。
申請書やこれらの添付書類の準備が終わったら、警察署の窓口に行ってチェックをしてもらい、記載漏れなどがなければ、警察署のなかにある交通安全協会などの窓口で手数料分の証紙を買って申請書に貼り付けて提出します。
その後現地の確認が行われ、問題がなければ数日して証明書と車両に貼るステッカーができあがりますので、警察署まで取りに行って完了となります。

名義変更の手続

2015/05/19

自動車の名義変更にあたり、ナンバープレートを取り扱っている運輸支局での手続きとあわせて必要となるのが、車庫証明の取得手続きです。
所有者や住所に変更がなく、単に保管場所、すなわち駐車場の位置を変更するだけであれば、届出というかたちて済みますが、名義変更となった場合には、新規取得の際とまったく変わりがありません。
そのため、まずは住所地を管轄している警察署で、申請書などの様式をもらい、ここに自動車のナンバーや車台番号、寸法、所有者の住所・氏名などの必要な事項を記入して押印します。
駐車場が自宅の敷地内であるなど、自己所有の場合については、そのことを証明する自認書を別途書くことになりますが、もし賃貸駐車場のように他人の土地であった場合には、所有者から印鑑つきの使用承諾証明書をもらわなければなりません。不動産業者などが代行している場合がありますが、それには一定の手数料をとられる場合もあります。
さらに、駐車場の位置がわかるおおまかな地図や、駐車場内でどの区画に車両を駐車するかという、位置関係や寸法を記した図面も必要となってきます。
これらを手数料とともに警察署に提出すると、警察か委託を受けた業者による現地確認がありますので、すべての作業が終わって申請から数日から1週間ほど経つと、証明書とステッカーが交付されます。

軽自動車の場合注意したいこと

2015/05/19

税金が安く、機敏に動ける日本独自の車両の軽自動車は根強い人気があります。
日本の車に対する税金は、多重にかけられていることで有名で世界的にも高い水準となっています。
車両のみならず、ガソリン代にも税金が二重にかけられており、車を所有する者にとって大きな負担になっています。
そこで、軽は支持率が高いのです。
車両にかけられている税金は、普通車の半額以下ですし、車の重さが軽いことで燃費も良くガソリン代が抑えられます。
車体が小さいため、機敏に動くので日本のように小さく細い道や路地が点在している地域では、頼もしい存在です。
しかし、軽は普通車と同じ感覚で運転すると危険な場合があります。
しっかりと軽が持つ独自性と注意点を理解しておくことが必要です。
まず、機敏に動くという点でメリットになる小型の車両がデメリットになることがあります。
それは、強風の場合です。
車両が小型ということは、車幅が狭いということなので、強い風が吹くと風に流されやすかったり横転してしまう注意点があります。
さらに、タイヤが細いことで摩擦抵抗が少なく、ブレーキをかけてからの制動距離が長いという注意点もあります。
便利な軽だからこそ、理解して使用しましょう。

[メリットとデメリット]行政書士に依頼する場合

2015/05/19

車庫証明というのは、自動車保管場所法とよばれる法律にもとづいて、自動車の保管場所を警察に証明してもらうための手続きのことをいいます。
この手続きは、はじめて新車を購入して車庫が必要になったときのほか、住所や所有者に変更があったときにも必要となるものです。個人として手続きができないわけではありませんが、通常は自動車の販売店がサービスで済ませてくれることが多いため、あまり問題になることはありません。
ところが、引っ越しや駐車場の契約を変更したなどの理由によって、自動車の購入後にこの車庫証明の手続きをしなければならないといった場合もあります。このような場合、本人に代わって書類の作成などをしてくれる行政書士に依頼するという方法があります。
個人で行う場合、駐車場の見取り図などを間違いのないように作成するとともに、警察署で申請書の様式を入手し、実際に申請をして、さらに証明書とステッカーを受け取るという面倒がありますが、すべて依頼すればこうした手間が省けるというメリットがあります。
いっぽう、デメリットとしては、時間さえあれば個人でもできる手続きであるにもかかわらず、依頼した以上は所定の報酬を支払う必要があることが挙げられます。

[メリットとデメリット]自分で取得する場合

2015/03/03

車庫証明を自分で取得するメリットは何といっても、その分の費用を節約することができるという点にあります。
車庫証明を取得する費用はディーラーに任せると、それだけで1-3万円程度の費用が発生することになるので、費用の負担が大きなものとなってしまいますが自ら取得をすればこの費用を節約することが出来るので、金銭的に大分得をすることができるという点にあります。

一方でデメリットにはどのようなものがあるのかというと、これは何といっても手間がかかるというものであり平日に2回警察署に行かなければならなくなってしまうので、平日休みを取ることが出来ないという人の場合この方法を用いることができなくなってしまいます。
また、手続き自体は難しいものではありませんが書類に不備などがあったりすると車庫証明を取得することが出来ないので、その都度何度も家と警察署を行ったり着たりしなければならず手間がかかってしまうことになります。
そのため、何万円と費用がかかる場合には別ですが1万円程度の費用であった場合には完全にディーラーに任せてしまったほうが手間もかからずに楽ということもあるので、費用と手間を秤に掛けてどちらがお得かを考慮する必要があります。